画像出典:写真AC

 
江戸時代の水戸藩主・徳川光圀の別名称である「水戸黄門」。

彼が世直しのため、日本各地を漫遊したという創作物語のドラマを見ていた人も多いに違いない。

もし、この「水戸黄門」が現代のSNSのツールの一つであるTwitterを使ったら、どんな感じになるのだろうか?

Twitterユーザー・さとみん(@muroyamuron)さんが考えた呟きを、ご覧いただきたい。


 
「働けよ。愚民ども」「俺の給料減るだろうが」と、悪さをしている悪代官がいる。

そこへ黄門様一行がやって来るが、悪代官は「誰だよお前ww ジジイは引っ込んでろよwwwwwwww」と食ってかかっている様子が、ドラマなどで見た光景と同じだ。

ついに「控え控えい。この紋所が目に入らぬか」と、あの決めゼリフが飛び出した!

紋所に慌てふためく悪代官、最後のオチがジワる・・・。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ