記事提供:夜オンナ

 
夜の性活相談員・小室友里です。

セックスが上手くなる、楽しめるようになるには、基本的に相互努力が不可欠です。1人で頑張っても上手くいかないんですよね~。

いや、今これを読んでいることすらも、一方通行の努力といえば、その通りなんですが(汗)。


画像:(c)lithian – Fotolia.com

だって、セックスって1人でするものじゃないでしょ? それなら2人で「どうしたら気持ちよくなれるかな?」って、同じ方向を目指して努力しないと、せっかくの頑張りも無駄になってしまうというものです。

…と、ここまでは2人が肌を合わせた時のテクニック的なお話。そう、あくまで基本的に、です。

実は1人で努力できるセックストレーニングもあるんですよ。今回はそんなお話。

1人でできるセックストレーニング。それはあなたの中に潜んでいるセックススイッチをONにするトレーニングです。

お笑いライブを見て大笑いする、恋愛ドラマを見て涙してしまう、さまざまな感情が揺り起こされる脳のスイッチ、皆さんにもありますよね?

同じくセックスにもスイッチがあります。そのスイッチをONにできるか否かで、セックスをより楽しめるようになれるんです。逆をいえば、セックススイッチをONできない人は、本来味わえるはずの楽しみや気持ちよさもも半減しているんです。

さあ、あなたの中に潜んでいるセックススイッチをONしましょう!

まず、頭と心の中から日常を排除しましょう。抱えている問題や、明日のスケジュールは忘れて、エロいことをするぞ~! という気持ちを自分で作ります。そしてあなたの理想のセックス、願望のセックスを想像してみましょう。

相手はどんな人? 場所は? どんな言葉をかけられる? 触れられた指の力加減は? 相手の舌はどこを這っている?エクスタシーは? あらゆる妄想力を働かせて、エロティックな気分に耽ります。

ここで大切なことは一つだけ。エロいストーリーを思い描いている自分を否定しないでください。

「こんなことあるわけないじゃん」と自分を否定した瞬間から妄想熱は冷め、セックススイッチはぷっつりOFFされてしまいます。その冷めはカレとのセックスの最中にも起こりうる冷めで、これがあなたをセックス上手にさせない、楽しませていない原因の一つでもあるんです。

セックススイッチをONにして、自分のエロティックな妄想に耽り、自分からエロい気持ちを作る。そうすることでエロい自分を認められるようになり、もっとセックスが楽しめるようになりますよ。

 

記事提供:夜オンナ

夜オンナ Twitter

夜オンナ Facebook


この記事に関するまとめ