記事提供:夜オンナ

 
突然ですが、あなたは「気」の存在を信じますか?

最初に断っておきますが、怪しいサークルに勧誘しようとしているわけではありません(笑)。

本気も本気、大真面目なセックスの話です。


(c) Shutterstock.com

実は、気とセックスは切っても切れない関係にあるのです。
 

気は人間のエネルギーの源

 
気は、信じる信じないに関係なく、また意識するしないに関わらず、誰もが持っています。

気には様々な種類がありますが、性的な要因で増減したり、性的なことに作用する気のことを、私は「性エネルギー」と呼んでいます。

人間の体の中で、特に強力な性エネルギーを発しているのは、指先、手のひら、舌、ペニスの4か所。

中でもペニスの先端から発せられる性エネルギーのパワーは絶大です。

気に敏感な女性の中には、男性が射精する直前に、「顔に何かがドバーッとかかるような感覚がする」という人もいらっしゃるくらいです。

そこまでいかなくとも、「彼のを口に含むだけで気持ちいい」という女性が少なくないのは、まさに女性が、男性の発する性的な気に反応しているからなのです。

難しい話のように思われるかもしれませんが、気とは要するに、気持ちや意識のエネルギーです。

“元気”になったり“勇気”が出たりするは体内の気が増えたから、逆に体内の気が少なくなると、“弱気”になったり“病気”になったりします。

車でいえばガソリンにあたる、人間のエネルギーの源が気なのです。
 

気の存在を信じることがスタートライン

 
以上を踏まえてセックスの話に戻します。


(c) Shutterstock.com

本当に相手の愛が伝わってくるセックス。

本当に心から癒されるセックス。

本当にハッピーになれるセックス。

このような本当に気持ちのいい愛の行為をするためには、いかに男女間で性エネルギーを増幅させるかがキーポイントになります。

気を自在にコントロールするためのスタートラインは、「気の存在を信じる」ことです。

そして自分や、好きな異性の気を意識すること。

先にも述べたように、意識しなくても自然と発している気ですが、実は気を意識するようになると、明らかにそのパワーは増大するのです。

目に見えない気を意識する、つまり気をイメージするには、ちょっとしたコツがあります。
 

気の交流をイメージする

 

(c) Shutterstock.com

コツをレクチャーするために、以前ブログで気の話を書いたときに寄せられた、ある女性読者のからメールを紹介します。

「好きな彼に触れられただけで、その部分がポカポカしてきました。このポカポカが気なんですか?」

答えは、「YES!」です。

気はエネルギーなので、溜まってくると熱を発するのです。

もっと多くの気が集まってくると、「温かい」が「熱い」に変わってきます。

このような経験をしたときが気をイメージする最大のチャンス。

セックスのときに、自分と彼のカラダの間で、お互いの気が交流しているイメージを持ってみてください。

慣れないうちは難しいかもしれませんが、気持ちよくなってきたときに感じる熱が、自分と彼の間を交流していくうちに、どんどん熱くなっていく様子を想像しましょう。

このイメージが具体的になればなるほど、あなたは本当のセックスに近づいていくのです。

記事提供:夜オンナ

夜オンナ Twitter

夜オンナ Facebook


この記事に関するまとめ