先日、中国・浙江省にて、一人の男性がまさに緊急事態に見舞われた。

このままでは男性としての機能も危ない。

よって彼は、急いで近くの病院へと向かったのだが・・・。
 



 
なんと、そこでは手術ができなかったのである。

正確に言うと、男性並びに病院側、そして彼の親も執刀には同意した。

だが、その肝心の両親が病院に来れず結果、手術の同意書にサインできなかったのだ。

その後消防士を呼んだのだが、大型工具では“アレ”が危険すぎると、この救出案も結局ボツに。

ではどうすれば、男性を助けることができるのか。

考えた末、医師の一人が妙案を思いついた。

歯医者さんのドリルである。破壊力抜群なうえ用途上、高熱も発しない作りになっている。

直ぐに、近くのクリニックから歯科の先生が招集され、事前のテストを行った後に執刀を開始。

泌尿器は専門外と言えども医術を学んだエキスパートである。

手術は30分程度で無事終了。男性のアソコに、後遺症などは残らなかったという。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:DailyMail/Bachelor, 37, has his PENIS trapped inside a wrench for 17 hours before being freed by dentists using a drill (because rescuers were unable to remove the tool)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ