アダルト業界は奴隷のような状況なのか? それともクリーンな業界なのか?

NPO法人ヒューマンライツ・ナウが発表した調査結果に対して、現役のAV女優たちが猛反論をしている。

NPO法人ヒューマンライツ・ナウは3月3日、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見を開き、若い女性たちがアダルトビデオに強制出演させられているという実態を約半年かけて調査した結果を発表した。

・昨年1年間、アダルトビデオ出演に関する相談は81件あった
・法外な違約金を請求されてアダルトビデオへの出演を強要された事例が10あった

弁護士ドットコムによると、同団体の事務局長である伊藤和子弁護士は「女性たちは意に反して性行為を強要、撮影されて、奴隷のような状況に追い込まれている。深刻な人権侵害だ」と訴えた。

またそれに伴って、同団体は以下のような提案をしていた。

・アダルトビデオのプロダクションやメーカーなどを監督する省庁の設置
・不当、違法な勧誘の禁止
・女性の意に反して出演させることの禁止
・禁止事項に反する場合の刑事罰などを盛り込んだ提言

これに対して、現役のAV女優たちがTwitterなどで猛反論している。

 

■天使もえ



 

■河西あみ



 

■藤本梨花



 

■長瀬麻美


 

■初美沙希



 

■水嶋かおりん(風俗講師)



 

小説家の山崎マキコさんが本当の被害者がいるのではないかと、厳しめに持論を展開した。
 

■山崎マキコ


果たして実態はどうなのか!?

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:弁護士ドットコム/<AV出演強要>「奴隷のような状況」「刑事罰が必要」NPOが深刻な被害訴える
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ