記事提供:夜オンナ

 
たとえばラーメン屋さんを開業する際…駅から徒歩20分の物件と、駅から徒歩1分の物件では、お客さんの入りは全然違うでしょう(もちろん、味にもよりますが)。

では、セックスを行なう際…「場所」はどれほどの重要度を持つのでしょうか? 


(c) pio3 – Fotolia.com
 

ラブホよりも男性宅でセックスしたい女心

 
「セックスが毎回ラブホテル…」

女友だちのA子から、セックスをする場所に関して、不満というよりは不安を相談されたことがあります。彼女は決して、シティホテルのスイートルームに連れて行けと言っているわけではありません。

そりゃ、ひと昔前は、ラブホセックスに不満を持つ女性も存在しました。しかし、最近のラブホテルは、企業努力の賜物か、オシャレで衛生面もバッチリ! 

筆者周辺では、ラブホテルセックスに不満を持つ女性はほとんどいません。では、A子は何が気に入らないと言うのでしょう? 

A子に詳しく話を聞いたところ、相手男性が自分を家に呼ぼうとしないことが不安とのこと。なお、A子自身は実家暮らしなので、彼女宅でのセックスはありえません。セックスするとしたら、選択肢はラブホテルor男性宅の2択になります。
 

部屋が散らかっているだけかも…

 
「○○君のお家に行ってみたいとリクエストしても、華麗にスルーされる」

この類のお悩みは、俗に言う「友達以上恋人未満」の段階にある女性に多いかと存じます。男性が、あなたを家に呼ばない理由は何なのでしょうか? 

拍子抜けするかもしれませんが、ごく単純に「部屋が壮絶に散らかっている」場合もあります。仕事の忙しさにかまけて、掃除や洗濯が後回しになってしまうのでしょう。

「私は、散らかっていても気にしないのに…」と思うかもしれませんが、男性側は気にするのです。散らかった部屋に女性をあげるわけにはいかないという男心でしょう。
 

部屋に呼んだ以降、馴れ馴れしい態度をとられるのが嫌!? 

 
「『家に呼ばれた=これって付き合っているってことよね!』と、勘違いされたくない」

これは、筆者の男友だちからの意見です。なるほど、家はその人のプライベート空間! そのプライベート空間に招かれたということは、それなりに親密な関係とも解釈できます。それにより、馴れ馴れしい態度をとられることを、男性側は避けたがるのでしょう。

私たち女性側としては、「家に呼ばれたくらいで勘違いなんかしませんよ」と言いたいところですが、男性はいちいち「責任」を重んじる性分。家に呼んだからには、正式交際を考えなければならない…と、頭でっかちになっているのかもしれませんね。
 

愛していても家には呼ばないタイプも存在する!? 

 
「家はプライベート空間」と書きましたが、彼は、自分のプライベート空間には、他者を入れたくないタイプなのでしょう。

ホームパーティーが大流行している昨今、信じられないかもしれませんが、どんなに親しい相手でも、家には呼ばない主義の人も、確かに存在するのです。

友達以上恋人未満の関係から、正式交際に発展しても、頑なに部屋には呼ぼうとしないケースもちょくちょく耳にします。だからと言って、愛情がないわけではなく、単にプライベート空間と分けたいだけなのでしょう。

理由が何にせよ、無理やり押しかけるわけにもいきません。考え方を変えたほうが手っ取り早いです。ラブホセックスって、全額男性負担だろうとワリカンだろうと、明らかにお家セックスよりはお金がかかります。

景気が良いとは言えないこのご時世、自分とのデートにお金をかけてくれている…この部分に喜びを見出しましょう。

 

記事提供:夜オンナ

夜オンナ Twitter

夜オンナ Facebook


この記事に関するまとめ