車のサイドブレーキをかけ忘れてしまう。

これは、長く自動車に乗っていると誰でも1度か2度は経験するミスである。

もちろんそれが乗用車の場合や、あるいは平坦な道での出来事ならば特に問題は起こらない。

だが大型トラックのドライバーが、それも高速道路に続く下り坂でこの失敗をしてしまった場合、果たしてどうなってしまうのだろうか?

正直なところ、想像するだけでも怖い話であるが、実際にそんなアクシデントが海外で起こってしまったのだ。

今回ご紹介する映像は、そんな事故の一部始終を撮影したものである。
 

 
動画の始まりから、すでに“緊急事態”は危機的な状況にまで進んでいる。

運転手らしき男性が、下っていくトラックを必死で追跡するのだが、悲しいことに追いつくどころかドンドン引き離されてしまう。

その間にも“無人車”は高速道路へと近づいていく。最初は笑い気味だった撮影者たちも、それに伴って態度が一気に真剣な雰囲気に。

そして彼らが大きな悲鳴を上げた時、トラックはついに本線へと突入した。

幸いにも、今回のケースは合流の瞬間に、車が1台も進路上に走っていなかったこともあり、怪我人が出るといった大事には至らなかった。

もしタイミングが少しでもズレていたならば、玉突き事故レベルでは終わらない損害だったことだろう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Dash Cam Network)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ