「買ったアンティーク裁縫箱に入っていた写真を、ご家族に返還したいから助けて欲しい」。

ニュージーランド在住のTwitterユーザー、Happy Anna (@irisshackleton)さんが発したそんなツイートが今、海外のみならず、日本でも大きく話題を呼んでいる。

この方が購入した問題のアンティーク、それが日本由来の品であるためだ。

 


アンナさん曰く、この裁縫箱は同国の都市、クライストチャーチにて購入した物らしい。

ただ残念なことに、購入先のお店はすでに閉店しているとのこと。元々、ニュージーランドにこの裁縫箱を持ち込んだという着物バイヤーも、買い付け先を覚えていなかったそうだ。

写真には、名前や日時などはまったく記載されていないそうで、白黒写真であることや被写体の服装から、撮影されたのは第二次世界大戦前後と思われるが、詳細は不明。

なお裁縫箱の方にも、持ち主を示すような記載や特徴などは、判明している限り存在しないという。

現在、彼女の願いに心打たれた多くのTwitterユーザーが、事態の解決のため動いている。例えば日本の英語ができる人などは、NHKなど各報道機関に、この一件についての情報を送ったりしているようだ。

もし有力な情報や心当たりがあるという方は、アンナさんのTwitterにまで、ご一報を。

 

■Twitter上での反応

 


 

 

 

 

 

■有力そうな考察も

 


 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ