画像出典:写真AC

先月、7月28日のお昼過ぎ、イギリス・サウスヨークシャー州で1件の交通事故が発生した。

巻き込まれた人はいなかったが、事故を起こした車は完全に大破炎上。

当のドライバーは奇跡的にも軽傷だったが、彼は慟哭した。

というのも、当時男性が乗っていたのは、1時間前に納車されたばかりのフェラーリだったのだ。

 

画像の通り、車体は完全に燃え尽きてしまっている。

“跳ね馬”の面影は、そのシンボルマークが描かれたホイールキャップに、わずかに残るのみだ。

正確に言えば『フェラーリ430 スクーデリア』という車種だったそうだが、こうなってはどうしようもない。

なお、現場に出動した警察と消防によると、事故の原因は路面が濡れていたことに起因するとのこと。

写真から受ける印象とは裏腹に、スピード違反はなかったそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Facebook(SYP Operational Support)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ