世の中には『語学の才能』を持つ人が一定の割合でいるが、いまのところ、この男性の上を行く人はいないのではなかろうか。

 

画像出典:odditycentral.com

この男性、ボスニア・ヘルツェゴビナはトゥズラで育ったムハメド・メジクさん(32歳)はなんと、現時点で英語やポルトガル語、日本語など56か国語が話せるという。

幼い頃から外国に行くと、短期間の滞在で現地の言葉がわかってしまうという。そんな彼の最初の外国語習得はギリシャ語から始まった。

5歳の頃に家族でギリシャへ旅行に行った際、短期間で現地の人が話している内容が分かったそうだ。そしてギリシャを発つ時にはすでにギリシャ語をある程度話せていたというから驚きだ。

 

画像出典:odditycentral.com

その後、「この子はちょっと変わった能力がある」と直感した彼の両親は病院で検査を受けさせたところ、発達障害の一つであるアスペルガー症候群であることがわかった。このアスペルガー症候群の人の中にはときに語学の習得で抜群の能力を発揮することがあるそうだが、彼もその一人だったわけだ。

それでは早速ムハメドさんが外国語を話す動画をご覧いただこう。

 

ルーマニア語

 

ポーランド語

 

ギリシャ語

 

スウェーデン語

 

日本語

 

日本語だけを聞いていてもかなり流暢だとわかる。これはすごい!

だが彼も、特別才能に恵まれたからといって何もしていないわけではない。彼自身が言うには「毎日語学の勉強漬け」だそうだ。

 

画像出典:odditycentral.com

「語学を学ぶなら、一度にいろんな言葉を勉強するといいです。言葉には共通する部分がたくさんありますからね」(ムハメドさん)

こんなムハメドさんのアドバイスにならい、「まずは英語を・・・」と考えている方、英語と共通点のあるドイツ語も一緒に勉強してみてはいかがだろうか?

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:odditycentral.com/This Exceptional 32-Year-Old Can Speak 56 Languages Fluently
参照・画像出典:YouTube(Muhamed Mesic)
参照・画像出典:YouTube(Muhamed Mesic)
参照・画像出典:YouTube(Muhamed Mesic)
参照・画像出典:YouTube(Muhamed Mesic)
参照・画像出典:YouTube(Muhamed Mesic)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ