最近ではスマートフォンが主流となり、めっきり見かけることも少なくなった『ガラケー』。

今では過去の遺物に近い扱いをされることも多い、この“旧型電話”だが、MA-X @ ジーコ神社 (@max_2608)さんの語る通り、実は現行のスマホにも劣らない、多数の先進的なアイディアが採用されていたことは、あまり知られていない。

 


では、具体的にはどのような機能を有していたか。

いくつかの例を提示してくれてる、チロリアン (@tiroryu)さんのツイートを、ご紹介しよう。

 


ちなみに今、2017年現在でも、ドコモなどを始めとする大手3社はガラケーの販売を継続中。

すっかりスマートフォンが主力商品となった感はあるが、取り扱い自体は止めていないのだ。

機種ラインナップについても、一時期に比べると緩やかになったものの、更新はされ続けている。

 

■Twitter上での反応

 


 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ