アメリカで行われていた野球の試合中、スタンドの子供向かってボールが飛来する。

その時、緑のマスコットが動いた。
 

 

小さな子に球が当たらないよう、身体を使って防御態勢。

代償として自分に直撃し力尽きてしまったものの、見事子供を守り切る。

助けられた少年の方も、ある意味“命の恩人”な相手に対して懸命の蘇生作業で恩返しするのであった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(GLOBAL NEWS)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ