画像出典:写真AC

 

8月26日から27日にかけて放送された『24時間テレビ』、今年のテーマは「告白~勇気を出して伝えよう~」。

4年連続出演した羽生結弦選手は、同番組内で“喘息持ち”であることを告白した。

24時間テレビ公式ツイッター(@24hourTV)では、羽生選手が登場する時間帯に告知をしたのだが、その紹介文が「言葉の選択が悪すぎる」と非難殺到し炎上しているのだ。

そのツイートがこちら。

 

 

「羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず世界のトップで戦い続ける」。

この一言が問題視されているのだ。

“喘息”と一言で言ってもその程度は様々で、最悪死に至るケースもあり、呼吸器系の疾患という事から侮れない。

仮に羽生選手自身が「病気を言い訳にしない」と発言していたとしても、病気や障害を取り上げているこの番組がそのまま引用するのは如何なものか、という疑問が残る。

実際に病気と戦っている人に対して、「病気を言い訳にする事は甘え」と捉われてもおかしくない、あまりにも配慮に欠ける発言である。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ