SNS上で、そのユーザーの人気度やその投稿の認知度を示す一つの指標となるのが「いいね」。

気軽に押せて、意思表示できる便利な機能だ。

しかし、Twitter上にはその「いいね」をされてなぜか怒るという人もいるらしい。その理由がこちら。

 

 

「別に良くないのに“いいね”するな!」ということなのだろうが・・・。そこまで過敏にならなくても(笑)。

同じ経験をした人が多いのか、これには同調するコメントが多く集まっている。

 

 

 

 

 



 

「いいね」という呼称を変えたらいいのかもしれないが、できたら寛容に受け止めて、ネット上でも仲良くしていきたいものだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ