アメリカ・フロリダ州に暮らす猫の「ヴィーナス」。

ナショナルジオグラフィック誌にも取り上げられた、世界に一匹だけかもしれない、ミステリアスな美猫さんだ。ヴィーナスが不思議なのは、一目見れば誰をも驚かせる、その容姿にあるのだ。

 
画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)

顔の正面、真ん中から2色に分かれていて、それもこんなにも、くっきりと。

黒猫と、茶トラ。毛色に、そして、目の色も。黄色と青だ。
 

画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)

2009年、ノースカロライナ州の酪農場で見つけられ、その後現在の飼い主夫婦に引き取られたヴィーナス。天然のこの容姿にすっかり魅了された飼い主は、今日までたくさんの写真を撮ってはFacebookページなどにアップし、ファンを増やし続けている。現在93万人超がヴィーナスのページをフォロー中だ。
 

画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)

 

Facebookページの説明には「0% Photoshopped, 100% Born This Way!」とある。写真を見た驚きから、フォトショップでの加工を疑う向きもあるようだが・・・。この通り、ヴィーナスは生きて動いている本当の猫だ。

 

 

ヴィーナスの色について、たとえば、お腹のなかで育つ途中に部分的にカラーの遺伝子が活性化したという説や、双子が一体として育ったものとする説が遺伝学者から寄せられている。

真相はくわしく調べればはっきりとするのかもしれないが、特に分からなくても良いのかもしれない。ヴィーナスを見ていると、2面性というのは誰にもそういうところがあると感じてしまう。

 

画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)

 

画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:画像出典:Facebook(Venus the Two Face Cat)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ