2年かけて、髪を伸ばした男の子がいます。
 
 

友だちにもコーチにも、知ってる大人にも、「女の子みたい」で、「切ったほうがずっといいよ」と言われて、また言われて、それでも首を縦にふらなかった少年。
 
 
確固とした、目標があったのです。
 
 

 

彼が目標を決めたきっかけはCM。病気の子どもたちに画面を通して出会いました。
 
 

それから、髪が抜け落ちてしまう子どもたちへと、かつらをつくる活動を知ることに。
 
 

自分にできることだ、とすぐに思ったのでしょうか。
 
 

彼は髪を伸ばしはじめ、ついには10インチ(25cm相当)の毛束を切り取りました。
 
 

 

強い気持ちのたまもの。
 
 
とってもいい顔で掲げています。
 
 

 

かっこいい!
 
って、今ではきっと、周りのみんなも思っているのではないでしょうか。
 
 

 
 

関連:Deeanna Thomas facebook
 


この記事に関するまとめ