スマートフォンが普及して、SNSやゲームなどが24時間できるようになることが当たり前になりました。だけどスマートフォンよりも大事な存在を忘れていないでしょうか?

シンガポールのサイトで掲載されていた、ある夫婦の物語をご紹介します。

夫と妻は、遅い夕食を終えました。

小学校の教師である妻は、生徒たちの宿題をチェックしはじめ、彼女の夫はスマートフォンで、お気に入りのゲームに興じていました。

すると、最後の1人の作文を読んでいるところで、妻は黙って涙を流し始めました。

「どうしたんだい?」夫は妻のもとに駆け寄ってきて尋ねます。

「昨日、生徒たちに宿題を出したの。『自分の願い』というテーマで。それでこの作文を読んでいたんだけど、泣かずにはいられなくて」

妻は、ある1人の少年の作文を読み始めました。

 


ぼくの願いはスマートフォンになることです。なぜかというと、ぼくのパパとママはスマートフォンが大好きだから。

パパとママはスマートフォンだけを気にして、ぼくのことを忘れることがあります。

パパが仕事が終わって疲れて帰って来たとき、ぼくとではなく、スマートフォンと時間を過ごします。パパとママが仕事をしているときにスマートフォンが鳴り出したら、1回鳴っただけですぐに電話に出ます。ぼくが泣いているときは、そんな風にしてくれないのに・・・。

パパとママは、ぼくとではなく、スマートフォンを使ってゲームで遊んでいます。スマートフォンで誰かと会話しているとき、ぼくが伝えたいことがあったとしても、話を聞いてくれません。

だから、ぼくの願いはスマートフォンになることです。

 

作文を読み終わったとき、夫はハッとして「これは誰が書いたんだい?」と聞きました。

妻はこう答えました。

「これは私たちの息子が書いたのよ」
 

大切な人や身近な人は、同じ空間にいればいいわけではありません。本当に一緒に過ごすことができているのか、それは子どもだけではなく、あなたの大切な誰かでもいい。スマートフォンに日常を支配されていないか、今一度、自分の生活を振り返るべきではないでしょうか。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:All Singapore Stuff/PRI SCH BOY: I WISH TO BECOME A SMARTPHONE SO MY PARENTS WILL LOVE ME MORE
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ