親のありがたみに本当の意味で気づくのは、だいたいが独り立ちして大きくなってから。

昔は「うるさいなー」と思っていた小言が、今になって沁みてくるということはよくあることだ。

特に親の経験からくる具体的なアドバイスは、時に子供を重大な危機から救ってくれることもある。

 

 

大人になると、様々な契約を自分でする機会が多くなるだろう。

しかし、安易に契約してしまうと墓穴を掘ってしまうという出来事も残念ながら少なくはない。

そのため多少時間がかかり面倒でも、しっかり契約書面に目を通す必要がある。

そんなケースを想定しての、子を想う父からのアドバイス。ありがたみしかない。

これには賛同のコメントが相次いでいる。

 

 

 

 

 


 

一瞬の油断で将来泣き寝入りするということがないように。

親からもらった教訓をしっかり胸に抱いて、たくましく社会を歩いてもらいたい。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ