子どもは好奇心旺盛でいろいろな行動をする。

もしダメなことをした場合、それを注意していくのが親の責任だが、注意できない親がいるのも事実。

そもそも悪いことだと思っていないのか、叱っても仕方がないと思っているのか、その理由は家庭でさまざまだろう。

そんな「注意する」ことに関して、Twitterでは紬/女神配布ありがとう (@11Hydr0)さんがツイートした内容が話題になっているようだ。

 

 


「子供がやったこと」ではなく、「やってはいけないこと」を「ダメだと教えない親」に怒っているんだと。

そう、まさにその通り。正論である。

また「子供がやったことにいちいち目くじら立てて」と怒るのは、完全に見当違いなのも共感だ。

Twitterでは以下の反応がみられた。

 

 

 

 

 

 


 

なんでも頭ごなしに怒ればいい、という問題ではないと思うが、しっかりと叱れる親が増えてほしい。

あなたはどう思うだろうか?

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ