平日休日問わず、多くのドライバーたちを悩ませる道路の渋滞。

この“現象”が起こる瞬間を捉えた映像が先日、 広岩(ひろいわ) (@route2hiroshima)さんという方によってTwitterに投稿され、話題を呼んでいる。

撮影現場は、関西圏に住む人にとっては渋滞のメッカとしておなじみの、中国自動車道・宝塚西トンネル。

それまでスムーズに流れていた車線が、徐々に詰まり減速していく。

そんな様子が、この動画にはバッチリと収録されている。

 


渋滞の原因として一番“クリティカル”だったのは、22秒付近に映る白いワゴン車だろう。

このクルマの速度低下によって、以降の車列が一気に減速してしまっている。

ただそれ以前からも、全体的に少しづつ、スピードは遅くなっているように見て取れる。

現場が上り坂であることも、理由としては大きいのだろう。

広岩さん曰く、平成29年度に予定されている『新名神高速』の高槻―神戸JCTの開通。これが実現すれば、この場所での渋滞は減る可能性が高いとのこと。

だが似たような場所は、全国各地に多く存在する。

同様の条件で発生する渋滞が日本から撲滅される日は、悲しいがな、まだまだ先のことなのだろう。

 

■Twitter上での反応

 


 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ