例えば信用してた人から“裏切られた”時など、人間不信になることがある。もう誰を信じていいか分からなくなったとき、あなたはどう考えるだろうか。

そんな時、Twitterユーザーの柔らか仕上げのフクダウニー(@0rororeo)さんが思い出す言葉があり、それが話題になっている。

その言葉とは・・・。

 


 

「私は誰に何言われても平気!!!今日ね、孫にトンカツ揚げるの!!!誰が私を何て言おうが私は孫にトンカツ揚げなきゃいけないわけ!!!!誰も私を止められないの!!!!アンタもそうやって生きていきな!!!」。

この言葉は、誰が何を言おうが関係ない、“自分は自分”だと言いたいのだろう。人に左右されるのではなく、ブレない自分になることが大切だと。

確かにこのくらいの気持ちでいたほうが、心にはよさそうだ。おばちゃん、深いっス。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 


 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ