運転中、予測しない出来事に見舞われたら、あなたは冷静な対応をできるだろうか?

梅新東交差点付近で、ドライブレコーダーがある出来事を捉えていた。

動画を投稿した東大阪桃太郎さんが運転中、前に走っていた一台の車に異変が起きたそうだ。

ウィンカーも出さずに曲がるなど動きがおかしいと感じた後、走行中にもかかわらずハザードランプが点滅し始めたようだ。

投稿者さんは「何かトラブルか?」 と思い、その様子を静観していたそうだが、交差点で停車したところ大変な事態になっていたという。

 

 

画像出典:YouTube(東大阪桃太郎)

運転者が慌てて降りると、隣の車に助けを呼ぶ。左隣りの車からも運転者が様子を見に出てくる。

 

画像出典:YouTube(東大阪桃太郎)

「とうちゃん!」 と叫び声が。 隣の車が歩道側に寄せるためバックをする。

 

画像出典:YouTube(東大阪桃太郎)

前方の白い車が後続を止め、別の方に誘導されセレナを移動させる。

助手席には、家族の父親らしき男性が意識を失いグッタリしていたそうだ。

「なぜ路肩に止めないのか」などと言う人もいるが、家族の突然の異変に、運転者も動揺していた事だろう。

周囲の暖かく優しい、素早い対応に救われたに違いない。

大阪では、周囲に居合わせた者同士で助け合う光景は珍しくないそうだ。

そして投稿者さんは、このような緊急事態に備えて、救命措置の講習会の参加を検討しているという。

これを見た人からは、「人の優しさを感じて涙が出てきた」「久々に感動するドラレコ動画を見た」「助け合いって大切だな。」「やはり日本人は温かいです。」「凄い。。。俺も見習わなきゃ」「日本はまだ大丈夫だ」など、賞賛の声が寄せられている。

急病人の回復を祈るばかりだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(東大阪桃太郎)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ