とある駅に、電車がやってきた。

決められた定位置に停めるべく、車両は適切な原則を繰り返しながらプラットフォームへと進入してくる。

これだけならば、どこの国、どこの路線でも毎日起こっているただの日常風景。特に気にするまでもないだろう。

だがこの映像が撮影された場所では1つ、普段にはない“異常”が起こっていた。

雪が山盛りに積もっていたのである。それも線路の上に。

 

 

うわああああ!

電車によってハネ除けられた雪が、人が大勢いるプラットフォームの中に吹き込んでいった!

このアクシデントによって周囲はまるで嵐のような様相に。カメラからの映像も“暴風雪”によって、最後は一面真っ白になってしまい、なにが起こっているのはサッパリ分からなくなってしまう。

恐らくケガ人などは出なかったのだろうが、居合わせた人の服や荷物は、きっと雪まみれになってしまったに違いない。

除雪作業って、やっぱり降雪地帯では大事なんだな・・・

 
画像出典:YouTube(Nick Colvin)

 
画像出典:YouTube(Nick Colvin)

 
画像出典:YouTube(Nick Colvin)

 
画像出典:YouTube(Nick Colvin)

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Nick Colvin)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ