冠婚葬祭のマナーは難しい上に、地域ごとの慣習が稀にあり、それも考慮しなければならない。

例として、北関東の一部の葬式には「新生活運動」というものがあるらしい。

当然該当地域以外の人には馴染みがない響きだろう。

一体「新生活運動」とは何なのだろうか?
 

 


 

どうやら、香典に包む金額を少なくし、その代わり喪主側が後日香典の半額程度のお礼品を返すいわゆる「香典返し」はいらないというものらしい。

大事な人を亡くし、色々と生活を変えなければならない受け取り側は「香典返し」をする負担を減らすことができ、包む側は実質的に金銭の負担を減らせるということなのだろう。

必要に応じて形式を簡略化し、お互いに負担を減らせる。まさに「新生活」を応援する「運動」というわけだ。

こういった独自の習慣はまだ我々の知らないところに多く存在するのだろう。

冠婚葬祭に参列する際は、失礼のないようしっかりと下調べをした上で参列したいところだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ