全国に約1万1千あるパチンコ店。

趣味がパチンコという人もいるかもしれないが、ギャンブルなのでハマり過ぎるのは危険である。

パチンコ屋も商売なので、なかなか勝てるパターンの設定にはなっていない。

これを見誤ると、一日に大金をスッてしまうこともあり得るであろう。

YouTube上では、警告の意味を込めて、「行ってはいけないパチ屋の特徴」をまとめた動画が公開されている。

その特徴とは、一体何なのか?

早速、見てみよう。
 

 

■パチンコ屋に行ってはいけない日

 

1.土日

 
画像出典:YouTube(SUPER LIGHTS TUBE

来客が増えるため、釘の設定が渋めの所が多い。

 

2.三大回収期

 
画像出典:YouTube(SUPER LIGHTS TUBE

正月・お盆・ゴールデンウィークは「三大回収期」と言われている。

 

3.来店イベント

 
画像出典:YouTube(SUPER LIGHTS TUBE

イベント日は、設定や釘が渋めになるという。

 

4.新装初日

 
画像出典:YouTube(SUPER LIGHTS TUBE

機械代を回収しようという考えが一般的らしい。

勝利の女神は、切羽詰まった人間に対して厳しいものだ。

「このお金がなくなると、マジでヤバい」という時は、パチンコ屋に行くのをやめておこう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(SUPER LIGHTS TUBE)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ