関節技を伴う柔術の試合には、危険が付き物だ。

故にもう勝負が決したと思ったら、潔くタップしなければならない。

しかしこちらの動画では、素人目に見ても勝負はほぼ決しているのに、なかなかタップしない。

そうこうしているうちに腕の関節が限界を迎えたのか・・・。

 

 

ああーーー!! 痛そうな“嫌な音”が!

腕から嫌な音がすると同時に会場にはどよめきが・・・。

その痛みを想像するだけでもゾッとする。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Ultimate Sport Channel)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ