あるエッセーを引用した、シュナムル (@chounamoul) さんのツイートと、それに対するHironobu SUZUKI (@HironobuSUZUKI)さんの共感が、Twitterで話題になっている。

まずは、シュナムルさんのツイートをご覧いただきたい。

 



 
『肝心な所でも真面目』なドイツ人と『肝心な所では不真面目』な日本人。

ドイツ人に関してはさておき、この日本人の“習性”については思い当たる節がある人も多いだろう。

さて今度は、Hironobu SUZUKIさんのツイートをご覧いただきたい。

彼は実際にドイツ人と交流もしており、つぶやきの内容もご本人の実体験だ。

 



 
『待ち合わせ時間ピッタリにやってくる』ドイツ人と、『待ち合わせ5分前にやってくる』日本人。

時間に合わせるという意識は同じでも、実践する行為に違いがあるのが面白いものだ。

どちらが正しいのか、それは時と場合によって変わるのだろうが、少なくとも有給関連についてはドイツ人の圧勝だろう。

同じような意識が、日本の社会人にも広がって欲しい・・・。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ