これぞ、レポーター魂!

先月31日ごろ、韓国・済州島を大嵐が襲った。

住宅地にも雨が滝のように降り注ぎ、その結果、多くの家屋が浸水。

そんな中、現地で全力の現場レポートに望んだ、SBS報道局のレポーターが、今ネットで話題を呼んでいる。

 

 

日本でも、マスメディアが災害現場から情報発信することは多い。

だがそういった“現地入り”も、大抵は安全な場所から行われる。

仮に真っ只中に突入するとしても、ヘルメットなど防備は完全にした状態で行われるのが常だ。

だが、この映像の女性レポーターの姿を見てほしい。

長靴などは履いているのかもしれないが、服装は完全に防護ゼロ。街を歩けば普通に見かけそうな格好である。

向こうではこれが「勇敢だ」と評価されたらしいのだが、見ていて危なっかしいとは思わないのだろうか・・・。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(SBS 뉴스)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ