SNSは世間に幅広く公開してしまうため、表現などに気をつけなければならない。乱暴な表現をしたら当然アカウントを削除や凍結されることもあるだろう。

しかし、こちらのツイ主のケースはあまりにもかわいそうだと話題になっているのだ。

 


蚊を殺したツイートをしたら、「殺す」「死」などの表現が不適切と判断されたのだろう。アカウント永久凍結とされてしまったのだ。

しかし血を吸いに来た蚊を殺すなど日常の行為。それで永久凍結はあまりにも横暴すぎる・・・(笑)

これにはTwitter社への批判と投稿者への同情のコメントが集まっている。

 

 

 

 

 


 

機械やロボットが巡回して判断しているのだろう。

しかし規律を守るためとはいえ、もう少し文脈や流れも読んでほしいものだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ