郊外に並び立ち、各所に電気を送っている『送電塔』。

見るからに巨大で一定の間隔で並んでいるワケだが、これはどうやって運ばれ、設置されているかご存じだろうか?

現地で組み立てる? それともトラックで運びこむ? そのすべては大間違い。

正解は、この動画に映っている通りである。

 


 

大型ヘリで釣り上げて、そして現場まで輸送する。

この方法で行けば道路上の事故などを理由に運搬がストップすることもなく、なにより時間もかからない。

工事というと、一般的に安全かつ保守的な方法で行われることが多いが、どうやら必要があれば、このような“派手な”アプローチも場合によっては採用されるようだ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:LiveLeak(DailyPicksandFlicks)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ