当連載はDMM.com様の協力の元お送りします。

 



 

前回は『VRのはじめ方(第1回)〜初代VRマシーンがすごかった!〜』をお伝えしましたが
第2回の今回は『様々なVR機器』について紹介していこうと思います。

まずはこちら!
 
①【サムスン/VR ヘッドマウントディスプレイ】Gear VR

『Samsung』から発売されているこの商品はGalaxy S6 edgeを装着してVR作品を楽しむものです。



 

 

 
②【PROTEUS VR LABS/VR ヘッドマウントディスプレイ】Freefly VR

『PROTEUS VR LABS』から発売されているこの商品はiOS・Android問わず装着でき、VR作品を楽しむことができます。



 

 

 
③【VUZIX/VR ヘッドマウントディスプレイ】iWearビデオヘッドフォン

『VUZIX』から発売されているこの商品はTVゲーム向けのみではなく、仮想空間の中で約3m先に125インチ相当のスクリーンを表示し映像を視聴できるなど幅広いコンテンツを楽しめる機器です。



 

 

④【Idealens/VR ヘッドマウントディスプレイ】IDEALENS K2

『Idealens』から発売されているこの商品は、接続コードなど一切必要なくデータをIDEALENS K2にインストールしてそのまま楽しめる機器となっております。

※本商品は一般の方へ販売前商品となり、Idealensストアで動画などを購入することができません。(2017年8月発売予定、ストアオープン予定)



 

 

⑤【HMD/VR ヘッドマウントディスプレイ】FOVE

『HMD』から発売されているこの商品は、解像度は2560x1440ピクセル、視野角100度以上、フレームレートは60fpsでスペックがかなり高くなっております。

ちなみに販売元のHMDは元ソニー小島由香代さんが立ち上げたスタートアップ企業となっております。



 

 

上記様々なVR機器をご紹介してきましたが、世の中には『簡易型VR』も存在します。

次は簡易型VRのご紹介をします!

 
⑥ハコスコ

ハコスコはダンボールでできた簡易型VR機器になります。

価格も安価で大手百貨店などにも置かれており、手軽に購入することができます。

 


画像出典:Amazon/ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plus/7/7Plusサイズ対応)

 

⑦【HOMiDO/VR】HOMiDO MINI VR グラス

『HOMiDO』から発売されているこの商品は、なんと折りたたみ可能なVR機器で持ち運びも簡単にできます。

様々なシーンで活躍しそうですね。

 




 

 

いかがでしたでしょうか?

様々なVR機器を紹介しましたがこれはほんの一部です。

ゲームをする、映画・LIVEを見るなど、これから用途によってどんどん新しいVR機器が登場するでしょう。

VR機器は今後形を変え、今のゴーグルタイプからメガネタイプやコンタクトレンズタイプに変化する日もそう遠くないかもしれません。

そんな最新の技術を体験したいけど、いきなりVR機器を購入するのはちょっと・・・という方に朗報です!

今回紹介したVR機器の一部もDMMでレンタルすることが可能です!

Gear VR

Freefly VR

iWearビデオヘッドフォン

IDEALENS K2

 

〜番外編〜

VRの購入を悩んでいるあなたにも朗報です!

この方法ならお金をかけず、VRを楽しむことができます。

その方法がこちら!

 

 


VRを始めるならDMMいろいろレンタルへ!

 

提供:DMM.com


この記事に関するまとめ