2017年4月3日(月)に、東京一帯を悪天候が襲った。

昼頃までは良好な空模様だったにも関わらず、夕方に差し掛かるや雰囲気は一変。

重々しい雲と激しい雷鳴によって空は支配され、その結果、江戸川区と千葉県の我孫子市では、落雷によって約900世帯が停電に見舞われるという事態も起こった。

そんな『春の嵐』の最中、東京スカイツリーに、ある出来事が起こっていたのはご存じだろうか?

Twitterユーザー・ちゃんいわ (@chaniwachaniwa)さんが撮影した、その“異変”の瞬間をご覧いただきたい。
 


 
一筋の閃光が、高さ634メートルの塔に落着!

スカイツリーの頂上にはカミナリが落ちていたのだ。

暗闇の中、周囲の建物と比べても一際大きなタワーが青白い光によって照らされる様子は、まるでダークなSF映画のワンシーンのようである。

これまでの時代ならば、突然の自然現象と言えば仮に誰かに目撃されていても、それが映像として残ることは極めて稀であった。

だが今では、多くの人の手元にカメラとしてのスマホがあり、そして撮影した映像を拡散するためのツールとしてSNSが存在する。

今回の動画は科学で満ちた現代だからこそ残すことができた、貴重な記録と言えるのではないだろうか?
 

■Twitter上の反応

 


 


 


 


 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ