エンゼルスの大谷翔平選手が(日本時間22日、試合開始11時7分)、本拠地・ツインズ戦で“3番・指名打者”で8試合連続でスタメン出場する。

大谷選手は前日の試合で、ロジャース投手の150キロの投球が右手薬指に直撃するアクシデントに見舞われ、空振り三振に終わった。

さらに打席付近で膝をつき苦痛の表情を浮かべていた。

試合後、球場内でレントゲン検査を受けた結果、骨に異常はなかったそうだ。

関係者は「大谷翔平の状態が良くなったと報告し、今夜プレーできる」とコメント。

今季はここまで12試合出場し、打率.250、2本塁打、8打点。3試合ぶりの安打が期待される。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:【MLB】大谷翔平、超回復!3番先発で150キロ右手直撃を吹き飛ばす打撃に期待
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ