これを、ユーザーみんなが使っていた時代もありました!

Twitterユーザー、sakana@畑見てくる (@benisake1)さんのツイートをきっかけに、同SNS上で『フロッピーディスク』を懐かしむ声が高まっている。

 


 
現在はCDやDVDといったディスク類やSDカード、USBメモリといった“新世代”に圧倒され見る影もないが、かつてはパソコンといえば、コレこそが唯一の記録媒体であった。

ある程度の年齢の方ならば、日常的に使用していた記憶や思い出もあるのではないだろうか。

写真には数十枚のフロッピーが写っているが、sakanaさん曰く、これ全部でも容量は30MBにも満たないとのこと。

規格によって程度の差はあれ、1枚あたりの容量が大体700KB~1.4MB程度だったことを思えば、確かにそれぐらいだろう。

今はフロッピー1枚の20分の1程度の大きさの媒体で、何万倍ものデータを格納できるのだから、時代は進歩したものである。

 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ