5月30日、イギリスの科学誌『ネイチャー』に研究結果が掲載され、市販の“液体のり”が白血病治療の救世主だということがわかった。

東京大学と米国のスタンフォード大学などの研究チームが“液体のり”の主成分である合成樹脂ポリビニルアルコール(PVA)を使って、安い価格で大量に造血幹細胞を増殖させることに成功したのだ。

 
画像出典:ヤマト株式会社公式サイト
 

研究チームの東京大学の山崎聡特任准教授は、コンビニの液体のりでも培養できることを確認。

日本医療開発機構のプレスリリースには「ヒト造血幹細胞にも応用可能であると期待」されると書かれている!

今後、白血病治療のハードルが下がると期待されている。

この研究結果を受け、ヤマト株式会社は「液体のりの使用目的と異なる使用方法ではありますが、最先端医療技術に関与して、病気に苦しんでおられる方を含め社会貢献の一助となれる事は社員一同大変喜ばしい限りであります」とコメントした。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「液体のり」が、白血病治療の救世主になるかも…って、どういうこと? 専門家に聞いてみた。
参照・画像出典:ヤマト株式会社公式サイト
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ