昔、ジュースの空き缶を指でへこませて、キレイな模様を作るという遊びをやったことがある人は多いだろう。

とはいえ素人がやっても規則的な凹凸を作るくらいが関の山。

しかし彫刻家などのアーティストが本気で空き缶を素手でいじったらどうなるのだろうか?

 

 
画像出典:YouTube(Noah Deledda)

 
画像出典:YouTube(Noah Deledda)

 
画像出典:YouTube(Noah Deledda)

絵柄はなくキレイに磨かれたアルミの空き缶。銀色に煌めいている。

そして神々しくそびえ立つのはアルミ缶を手作業でへこませて作られたオブジェ。

滑らかな曲線に洗練されたデザイン。とてもただの空き缶から手作業で作られたとは思えない。

こちらを製作しているのはアメリカの彫刻家:ノア・デルデダさん。

我々にとって身近な手遊びが、極めるとここまで芸術的なものになるとは・・・

次に缶ジュースを買ったらぜひとも動画のような凝ったデザインのものにチャレンジしてみたくなる。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Noah Deledda)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ