金庫によく使われている“ダイヤル錠”

数字の書かれたダイヤルを回して開けるのだが、一体仕組みはどのようになっているのだろうか?

今回は、その仕組みが一目でわかる映像をご紹介しよう。

 

 

ダイヤルに対応して回転する5つの部品がある。

部品には、凹んでいる部分があり、それに対して、レバーのような部品が押し当てられている。

ダイヤルを回すことによって数字があってる場合、その凹んでいる部分に部品が押し当てられてハマる仕組みだ。

全ての数字が当てはまると、次は、押し当てられている部品が下に降ろされ、扉が開くという仕組みになっている。

どうなっているかわからなかった内部の仕組み、こんな風になっているのかと感心する。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(trinityscsp)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ