どこか異質な雰囲気が漂う黒塗りのバイク。

だがそれもそのはず。実はパーツが全て3Dプリンターで作られているのだ。

 

画像出典:Canoe

「Light Rider」

そう名付けられたこのバイクを製作したのは、あの巨大航空会社エアバスの子会社「APワークス」だ。

3Dプリンターによってアルミ合金を削り出すことで作られたフレームは、従来のものと比べて30%近い軽量化を実現。

またケーブル類をフレームの中に収納することで、電装系の保護もこれまで以上に万全となっているという。

やや過剰にも思えてしまう手法だが、これには実はちゃんとした理由が存在している。

このバイク、実はガソリンではなく電気を動力として走る電気バイクなのだ。

最高速度は時速80km(50マイル)で、走行可能距離はフルチャージで60km(37マイル)と電気バイクとしては上位のスペックとなっている。

ただ残念なことに大量生産をする予定はないとのこと。

日本円にして約620万円(5万ユーロ)という価格設定で、50台程度の限定販売を予定しているそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Canoe/Airbus unit unveils 3D-printed electric motorcycle
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ