『H&M』『ユニクロ』などのファストファッションブランドがひしめく現在、この一時代を築いた先駆け的存在である『GAP』。

ファッションの聖地である東京の原宿駅にオープンしたGAPの旗艦店がオープンしたのは、2009年11月。

当初は客が殺到し大混雑となったこの旗艦店、ゴールデンウィーク明けの5月7日をもって閉店することが決定し、およそ9年半の歴史に幕を下ろすことになった。

この知らせに街の人は、「『GAP前に集合ね』みたいに(使ってた)」、「寂しい感じはありますね」などの声が。

また若い世代からは、10代「原宿に来てまで別にGAPに入る必要ないかな」、20代「わざわざここ(原宿)じゃなくてもいい」、「普通に大型ショッピングセンターとかにある」
などの声も挙がっている。

GAP広報によると、閉店の理由は売り上げの減少ではなく、時代の変化に合わせたブランド戦略の一環であり、これまでかかっていた人件費や賃料などのコストを別の分野に投資する狙いがあるという。

その1つが、目覚ましい伸びを見せている“EC”、いわゆるネット通販だ。

この分野での市場規模を見ると、2007年にはおよそ5000億円。

20代「全部ネットで(服は買う)」「インスタグラムで『この服かわいい』ってなったら、タグ見て、ブランド見て、そこのブランドで買う」との声が反映しているように、2019年にはなんと2兆円近くまで拡大するとの予測も出ているのだという。

今後、EC分野などへの投資を進めてゆくGAPは、同時にサービスの向上も進めてゆく予定なのだそう。

手に取って買い物を吟味する時代が終わり始めていることを象徴させるこの報道、今後ファッション界はその形態がめまぐるしく変わってゆくことだろう。

 

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:GAP旗艦店が閉店へ 原宿店9年半の歴史に幕(FNN.jpプライムオンライン) – Yahoo!ニュース
参照・画像出典:YouTube(GAP)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ