アメリカとメキシコの国境には密入国を防ぐために「壁」が長く設置されています。

カリフォルニア大学バークレー校の2人の教授は国境の壁を軸にしたシーソーを作りました。

教授たちは構想10年でこのプロジェクトを実現させたとのことです。
 

この投稿をInstagramで見る

One of the most incredible experiences of my and @vasfsf’s career bringing to life the conceptual drawings of the Teetertotter Wall from 2009 in an event filled with joy, excitement, and togetherness at the borderwall. The wall became a literal fulcrum for U.S. – Mexico relations and children and adults were connected in meaningful ways on both sides with the recognition that the actions that take place on one side have a direct consequence on the other side. Amazing thanks to everyone who made this event possible like Omar Rios @colectivo.chopeke for collaborating with us, the guys at Taller Herrería in #CiudadJuarez for their fine craftsmanship, @anateresafernandez for encouragement and support, and everyone who showed up on both sides including the beautiful families from Colonia Anapra, and @kerrydoyle2010, @kateggreen , @ersela_kripa , @stphn_mllr , @wakawaffles, @chris_inabox and many others (you know who you are). #raelsanfratello #borderwallasarchitecture

Ronald Raelさん(@rrael)がシェアした投稿 –


 
両国の子供たちがシーソーをして遊んでいます。

その姿がとても微笑ましいですね。両国の関係が多少なりとも好転してほしいものです。
 


ネットの反応


・素敵なシーソーですね‼️
・「賢者はシーソーをつくり、愚者は壁を作る」
・シーソーでガンってしたら国境飛び越えれそう
・トランプも乗りに行くといい。
・国境シーソー、平和賞あげたい
 

ViRATES編集人
これは凄い発想。そして実現させた行動力も。でも壁なしでシーソーできたら一番いいよね。

 
※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ