今月17日、小池百合子東京都知事が、都内で発見された英国の覆面アーティストであるBanksy(バンクシー)の筆致とよく似た絵について、都庁で展示・公開する方向で検討していることを明らかにした。

バンクシーは世界各地に神出鬼没に現れ、壁や路上に社会風刺的な絵を残すことで知られ、世界中で話題となり人気を呼んでいるアーティストだ。

昨年10月に『風船と少女』がロンドンの競売で約1億5500万円で落札された瞬間、バンクシー自らがあらかじめ額に仕込んだ仕掛けによりその場で細断されたことで注目を集めたのが記憶に新しい。

 
 

絵は東京臨海新交通臨海線“ゆりかもめ”日の出駅近くにある都所有の防潮扉に描かれており、今年1月に防潮扉を撤去して絵を保存。

縦1m、横50cmほどのスペースで見つかり、“傘を差したネズミが空を見上げるようなポーズを取っている”絵なのだそうだ。

防潮扉に絵が描かれていることは約10年前から職員が把握していたが、昨年12月末に「バンクシーの作品に似ている」との情報提供があったらしく、国内の専門家によると「本物の可能性が高い」と指摘が出ている。

小池都知事いわく、真贋確認のために「本人にもダイレクトメッセージを送っているが、今のところ返事がない」のだそう。

今のところ、都庁第1庁舎2階での展示が有力で、早ければ今月末の大型連休前に公開するとのこと。

絵の値打ちはさておき、あのバンクシーが実は10年も前に来日し絵を残していたという事実だけで興奮してしまう・・・!

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:バンクシーの絵? 東京都が公開へ – 産経ニュース
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ