一昔前までは『生き物』と『作り物』の見分けはすぐについていた。いくらリアリティを追求してもやはり限界があったからだ。

しかし近年ではこんなにも『生き物』に近いものを作る人がいるのだ・・・

※作り物とはいえ少々リアルすぎるため、グロ・ホラーが苦手な人は閲覧注意。

 

 
画像出典:YouTube(INSIDER)

 
画像出典:YouTube(INSIDER)

 
画像出典:YouTube(INSIDER)

 
画像出典:YouTube(INSIDER)

製作しているのはメキシコのアーティスト、ルベン・オロスコ・ロザさん。

実物の人間大や小さいもの、大きな彫刻にさえも人間の細部を忠実に再現している。

毛の一本一本や皮膚の質感、しわに到るまでディティールへのこだわりが伝わってくる。

歯茎をいじっていたり目玉を入れるシーンはリアルすぎてなんだか痛ましく感じてしまう・・・!

一つの作品にかかる製作期間は数ヶ月にもおよぶことも。これはすごすぎる・・・。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(INSIDER)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ