カップルが愛を営むのはもちろん、今では女子会で利用されるなど、使い方が多岐にわたるラブホテル。

中には昭和を感じさせる貴重な場所も存在し、映画監督の村上賢司(@murakenkawaguti)さんがTwitterで紹介したラブホテルも、内装がとても昭和的で素敵だと話題になっている。

それがコチラだ。

 

 

 

宮城県大崎市の古川駅近くにある『赤いくつ』という名のラブホテル。

蓄音機やルーレットなどの内装がとても昭和の空気を感じる。天井も鏡になっていたり、他の部屋もかなりオシャレだ。ああ、こんな部屋に一度は行ってみたい。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ