小さい頃に公園で遊んだシャボン玉。大人になってからもピクニックなどの際にやると案外面白かったりする。

そんなシャボン玉、ただ飛ばして楽しむだけではもったいない。こんな風に極寒の冬にも楽しめるのだ。

 

 
画像出典:YouTube(RM Videos)

 
画像出典:YouTube(RM Videos)

 
画像出典:YouTube(RM Videos)

 
画像出典:YouTube(RM Videos)

シャボン玉を雪の上に静かに作り放置すると、だんだん氷の結晶のようなものが浮かび上がってきて、だんだんとシャボン玉の表面を覆い尽くしていく。

そして次第にシャボン玉は朧げな白い球体となり、淡い光に照らされてうっすら輝いているように見える。

シャボン玉が凍っていく様子とその儚げな美しさに見とれてしまいそう。

ちなみにこのように結晶が増えていくだけでなく、端から凍ったりと凍る過程も様々だ。

キレイな景色は意外と我々の身近に隠れているのかもしれない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(RM Videos)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ