様々なイベントが開催される歴史深き場所、横浜赤レンガ倉庫にて『台湾祭 in 横浜赤レンガ』が4月11日(木)から14日(日)にかけて開催される。

日本ではなかなか味わえない本格グルメや家庭料理、スイーツなどが楽しめるみたいだ。

 

 

会場で味わえる主な台湾グルメは、定番の『小籠包(ショウロンポウ)』をはじめ、とろみとコクのあるピリ辛スープで食べる『台湾麺線(タイワンメンセン)』、小麦粉の生地にネギの細切りを織り交ぜ、油でジュウジュウと焼いた『葱油餅(ツォンヨゥピン)』、鶏むね肉を地瓜粉で揚げたカリカリの唐揚げ『大鶏排(ダージーパイ)』、醤油煮した細切り豚肉をご飯にかけた台湾の家庭料理『滷肉飯(ルーローファン)』など、羅列するだけでヨダレが出そうな程美味な品々が用意される。

スイーツでは、みんな大好き、ミルクティーに大粒のタピオカが入った『ゼンズウナイツァー』、芋の団子の名物デザート『芋圓(ユーユェン)』などが登場。

また会場には『2019台北燈節』の中学生部門団体優勝など、各部門で優秀な成績を収めた台北市立建成国民中学校の生徒が製作した、色鮮やかなランタンも展示されるとのこと。

是非足を運んでみよう!

詳細はこちら。

■ 開催期間

2019年4月11日(木)~14日(日)11:00~20:00

※雨天決行、終了時刻の1時間前にラストオーダー

■ 場所

横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 特設会場(屋外)

■ 料金

入場料500円(高校生以上) ※中学生以下は入場料無料

入場券に2杯分のドリンク券、台湾名産のお菓子1個が含まれます。

※ドリンクは生ビール、ソフトドリンク等から選択可

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:台湾祭が横浜赤レンガに初上陸!本格台湾グルメやスイーツなど | はまこれ横浜








この記事に関するまとめ