現代では様々なダンススタイルがあるが、『鉄棒』を使ったダンスと言われたら床から天井に向けて立てられたポールで踊るポールダンスをイメージするだろう。

しかし読んで字のごとく、『鉄棒』を使ってダンスするパフォーマンスが生まれたのだ。

 

 
鉄棒を掴み、懸垂のように体を浮かせていく。

するとそのまま音楽に合わせてステップを踏んだり(浮いているので踏むという表現はふさわしくないかもしれないが・・・)、体を固定させたり、鉄棒を横にスライドしたりして踊り始めた!

懸垂の状態をキープするだけでもかなりの筋力を要するはずなのだが・・・これはすごい!

これには絶賛のコメントが相次いでいる。

◼️反応の声

 

 

 

 
これだけでも十分すごいのだが、さらに今後もっと動きのバリエーションも増えていくことだろう。

いままでありそうでなかった新しいパフォーマンス。ダンスという表現のさらなる可能性を垣間見ることができる動画だ。

彼の今後のパフォーマンスにも注目していきたい。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ