体に障害を抱える人たちの暮らしやすさなどは昔に比べて改善されてきたが、それでも幾分かハンデを抱えてしまっていることは事実。体に障害を抱えてしまっているだけで自分自身を卑下してしまう人も少なくない。

こちらの投稿では、とある足に障害を抱えた少女が紹介されているのだが・・・
 

 
まだ9歳であるデイジーちゃんは、生後間も無くして病気により両足の切断を余儀なくされ、以来両足に義足を装着して暮らしている少女。

そんなデイジーちゃんは体操選手をしながらモデルもこなし、アクティブに活動している。

体操もモデルも足に障害を抱えた状態でチャレンジするにはとてもハードルが高いように思える。

それでも障害と向き合いながら挑戦してきた彼女は、多くの苦難と戦い努力を重ねたに違いない。

彼女の可憐ながらも力強い立ち姿や姿勢は、多くの人に勇気と希望を与えることだろう。

 

ViRATES編集人
カッケー!

 
※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ