2016年に行われた朝日学生新聞社主催、第10回「いつもありがとう」作文コンクール。

小学1年生の松橋一太くんが最優秀賞を受賞した。

まずは、受賞作品の作文を聞いていただこう。

 

 

題名「てんしのいもうと」

この作文は、父親、母親、妹と家族に“ありがとう”を込めた内容になっている。

毎日当たり前に過ごしている日々への感謝、周りにいる人たちへの感謝が綴られており、涙なしでは聞けない。

松橋太一くんの優しさや、思いやりが伝わってくる素晴らしい作品だ。

この動画を見た視聴者からは「本気で泣ける」「子供に気付かされた」「本当にいい作文で惹き込まれた」などのコメントが寄せられている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(HDシナネン)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ