いまや様々な映画がCGを使って作られる時代。実写でしか撮影できなかった時代からしたら考えられないことだ。

CGを使った映画のメイキングなどをみることもあるが、実際どのようにして我々が見ている映像になるのかまではなかなかイメージしづらい。

しかしこちらの動画を見れば、いままでよりも少しCGに対する見識が深まるかもしれない。

 

 
画像出典:YouTube(GamesRadar)

 
画像出典:YouTube(GamesRadar)

 
画像出典:YouTube(GamesRadar)

 
画像出典:YouTube(GamesRadar)

 
画像出典:YouTube(GamesRadar)

こちらの動画はマーベル作品のCG技術を施した部分のビフォー・アフターを紹介しているもの。

ドクター・ストレンジやアイアンマン、スパイダーマンなどの作品の中のワンシーンが紹介されている。

まず驚くのは、普通に見ていたら実物かセットだと思っていたものまでもがCGで出来ていたということ。

我々が思っているよりもはるかに、CGが多くの場所に使われているのだ。

その他危険なシーンや巨大なキャラが登場するシーン、背景などの美しさが強調されているシーンなどなど、あらゆる場面でCGによる加工が施されている。

この動画を見た後にマーベルの作品を鑑賞すると、また違った楽しみ方ができるかも!

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(GamesRadar)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ