近年、その進化や発達がめぼしいVR(仮想現実)の世界。

今回ご紹介するのは、そんなVRの世界で本物の人間の顔や表情をリアルタイムで再現できる“コーデック・アバター”という技術をFacebookが公開した動画だ。

早速観てみよう!

 

 

本編の0:05から始まるのが、女性の顔の上にある白い線より左が本物の女性の顔で右側がアバターが再現した顔なのだが、その再現力は何とも驚異的!

本物と見分けがつかない程のレベルだ。

この機械学習技術を取り入れたアバターを作成した“Facebook Reality Labs”は、もともとFacebook傘下の研究開発センター “Oculus Research”を名称変更したもの。

今後、VRヘッドセットを使ったコミュニケーションでアバターを使うことが想定されており、実現すれば仮想世界でよりリアルな会話が行えるようになるのだとか。

未だかつてない面白い試みだが、このようにAIによって顔が自由に作れるようになればフェイクニュースがさらに真実味を増し、プライバシーを侵害する可能性も大きくなるという懸念も。

被害を被らない為にも、プライバシーを守る対策も開発されなければならないという声も挙がっているのが現状だ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Vecanoi)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ